加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは?

視野の中心がぼやけたり、歪んだりする病気です

加齢黄斑変性とは、様々な要因により黄斑部がダメージを受けることで、視野の中心がぼやけたり、歪んだりする病気です。文字が読みにくくなったり、人の顔が識別しにくくなったりするなど、日常生活に支障をきたす恐れがあります。進行すると、失明に至る恐れもあります。

放置すると失明に至る恐れがあります

加齢黄斑変性が進行すると、視野の中心で障害が起こるだけでなく、失明に至る恐れもあります。加齢黄斑変性は、日本の視覚障害の第4位で、欧米では中途失明原因の第1位です。少しでも異変を感じた時には、枚方市の南眼科香ヶ丘中央クリニックまでご相談下さい。

加齢黄斑変性の主な症状

ものがぼやける

視力が低下し、特に視野の中心部がぼやけて見えるようになります。

ものが歪んで見える

視野の中心が歪んで見えるため、文字が読みにくくなります。

視野の中心が暗く見える

視野の中心が暗く見えたり、欠けて見えたりするようになります。

加齢黄斑変性の原因

加齢黄斑変性は「萎縮型」と「滲出型」に分けられ、それぞれで原因が異なります。

萎縮型の原因

萎縮型の加齢黄斑変性の主な原因は、黄斑の老化です。加齢にともない黄斑部が委縮することで、発症します。

滲出型の原因

滲出型の加齢黄斑変性は、網膜のすぐ下に新生血管が発生することで発症します。網膜にできた新生血管は出血を起こしやすいので、黄斑にダメージを与えて視覚障害を引き起こします。

加齢黄斑変性の主な原因は加齢

加齢黄斑変性の主な原因は、加齢です。そのため、年齢を重ねるごとに、発症しやすくなります。そのほか、喫煙、太陽光、高血圧症なども発症に関与するとされています。

 加齢黄斑変性の発症に関与する要因
  • 加齢(老化現象)
  • 喫煙
  • 太陽光
  • 高血圧症
  • 肥満
  • 栄養バランスの偏った食生活
  • 遺伝

など

加齢黄斑変性の検査

問診

全身の健康状態や、既往歴などを確認するほか、症状が現れ始めた時期などについて、詳しくおうかがいします。

視力検査

視力表を使って、視力を確認します。

眼底検査

加齢黄斑変性眼底にある網膜の状態を確認します。

蛍光眼底造影

蛍光眼底造影特殊な光を照射すると、蛍光を発する性質がある造影剤を腕に注射した後、眼底カメラで新生血管や浸出液の状態を確認します。

光干渉断層計(OCT)検査

光干渉断層計(OCT)検査光干渉断層計(OCT)では、非接触で、網膜の断層画像を撮影することができます。これにより、眼底の出血やむくみなどを詳細に確認します。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療内容は、「萎縮型」と「滲出型」で異なります。

萎縮型の治療

有効な治療法は現在ありません。ただし、滲出型に移行する恐れがありますので、定期的に眼科で検査を受けるようにしましょう。

滲出型

滲出型の治療として、主に「抗VEGF療法」「光線力学的療法(PDT)」「レーザー光凝固術」の3つがあります。このうち、最も一般的に行われているのが、抗VEGF療法です。

抗VEGF療法

目の中にある「VEGF(血管内皮増殖因子)」という物質が、新生血管が成長したり、血液の成分を漏れ出やすくしたりします。そのため、VEGFの働きを抑えるお薬を目に注射することで、加齢黄斑変性を治療します。

光線力学的療法(PDT)

光に反応するお薬を注射し、この治療用の特別な比熱レーザーを患部の照射することで、新生血管を閉鎖させます。新生血管以外の組織には影響が少なく、定期的に検査を行い、必要に応じて繰り返し治療します。

レーザー光凝固術

レーザーの熱で、新生血管を焼き固める治療です。正常な組織にもダメージを与えてしまうため、新生血管が中心窩よりも外にある場合にのみ行います。

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性は、失明の恐れがある病気です。日頃から目を健康な状態に保つように心がけて、しっかりと予防するようにしましょう。

禁煙

喫煙は、加齢黄斑変性のリスクを高めることがわかっています。

 太陽光を避ける

強い太陽光は、黄斑を傷つける恐れがあります。屋外では帽子やサングラスを使用して、目を守るようにしましょう。

バランスの良い食生活

加齢黄斑変性を予防するために有効な栄養素として、「ルテイン」というものがあります。ルテインとは、緑黄色野菜に多く含まれている、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。そのほか、ビタミンCやビタミンEも効果的です。

バランスの良い食生活を心がけて、こうした栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

加齢黄斑変性予防のサプリメント

加齢黄斑変性を予防するために、バランスの良い食生活は効果的ですが、ルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を、毎日の食事から摂取するのは難しい場合も。そうした場合には、サプリメントを活用するのも選択肢の1つです。

当院では、加齢黄斑変性予防に効果的なサプリメントを取り扱っておりますので、お気軽にお申し出下さい。