近視・遠視・乱視・老視

近視・遠視・乱視・老視について

レンズの役割を担う角膜と水晶体で屈折した光が、網膜できちんと像を結ばない状態をいいます。反対に、網膜で焦点が合っている状態のことを、正視といいます。

近視・遠視・乱視・老視の種類

近視

近くにピント角膜や水晶体の屈折力が強い場合や眼軸(目の長さ)が長くなっているために、光が網膜よりも前で焦点を結んでしまっている状態です。近くのものは見えますが、遠くのものは見えにくくなります。

遠視

遠くにピント光が網膜よりも後ろで焦点を結んでしまっている状態です。近くのものも、遠くのものも見えにくくなります。遠方より近方の方がより見えにくいだけで、一般的に「近くのものは見えないが、遠くのものは見える」と誤解されていますが、そうではありません。

乱視

角膜の歪みにより、光が網膜のどこにも焦点を結ばない状態です。近くのものも、遠くのものも見えにくくなり、二重三重に見えるようになります。

老視

一般的に「老眼」と呼ばれる状態です。目の老化により、水晶体の弾力が弱体化し、調節力が低下することで、結果として近くのものが見えにくくなります。

近視・遠視・乱視・老視の治療

眼鏡・コンタクトレンズによる矯正

眼鏡屈折異常に対しては、眼鏡・コンタクトレンズの装用により、視力を矯正するのが一般的です。当院では、眼鏡・コンタクトレンズの処方を行っています。目の健康を守るためにも、眼科を受診の上、眼鏡・コンタクトレンズを作られることをおすすめします。