診療内容

こんな症状はございませんか?

症状次のような症状でお困りの方は、枚方市の南眼科香ヶ丘中央クリニックまで、お気軽にご相談下さい。

目がかすむ・ぼやける

  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜剥離
  • 屈折異常(近視・遠視・乱視・老視)

など

ものが歪んで見える

  • 加齢黄斑変性症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病黄斑浮腫
  • 黄斑円孔
  • 網膜静脈閉塞症
  • 網膜剥離

など

視野の一部が欠けている

  • 緑内障
  • 網膜静脈閉塞症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病黄斑浮腫
  • 加齢黄斑変性症
  • 黄斑円孔

など

視力が低下した

  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 網膜静脈閉塞症

など

光が眩しい

  • 白内障

など

ものが二重三重に見える

  • 白内障
  • 乱視

など

目が疲れる

  • 眼精疲労
  • 屈折異常(近視・遠視・乱視・老視)
  • 斜視・弱視
  • ドライアイ

など

目がかゆい

  • 花粉症・アレルギー性結膜炎
  • ドライアイ

など

目が乾く

  • ドライアイ
  • 眼精疲労

など

目がゴロゴロする

  • ドライアイ
  • 花粉症・アレルギー性結膜炎

など

目が痛い

  • ドライアイ
  • 内反症(逆まつげ)
  • ものもらい・めばちこ(麦粒腫・霰粒腫)

など

涙が出る

  • 花粉症・アレルギー性結膜炎
  • 内反症(逆まつげ)
  • 眼精疲労

など

一般眼科治療

診察当院では、幅広い眼科疾患に対応しています。正確な診査・診断により、適切な治療をご提供します。

白内障

当院では、白内障の日帰り手術が受けられます。患者様とご相談の上、適切な手術時期をご提案させて頂きます。

網膜・黄斑疾患

網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病網膜症、黄斑前膜(黄体上膜)、黄斑円孔、網膜剥離などへ治療を行います。当院では、硝子体の日帰り手術にも対応しています。

緑内障

当院では、緑内障へのレーザー治療を行っています。点眼治療、内服薬だけでは十分な効果が得られない場合などには、レーザー治療を検討します。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症では、自覚症状はほとんど現れません。手術が必要な場合には、硝子体手術を実施します。

網膜静脈閉塞症

血圧の高い、高齢者に多くみられる疾患です。手術が必要な場合には、硝子体手術を実施します。

加齢黄斑変性

ものが歪んで見えたり、ぼやけて見えたりする疾患です。抗VEGF療法、レーザー光凝固術などで治療します。

斜視・弱視

当院では、斜視・弱視の早期発見・早期治療に力を入れて取り組んでいます。気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

まぶたの疾患

眼瞼下垂、眼瞼痙攣、内反症(逆まつ毛)、ものもらい・めばちこ(麦粒腫・霰粒腫)などへ治療を行います。

ドライアイ

ドライアイを放置していると、目の表面が傷つきやすくなり、傷口から細菌が侵入することで、視力の低下を招く場合がありますので、ご注意ください。

屈折異常(近視・遠視・乱視・老視)

屈折異常により、日常生活に支障をきたすようであれば、眼鏡・コンタクトレンズによる矯正が必要となります。

花粉症・アレルギー性結膜炎

アレルギー症状を引き起こす原因物質を「アレルゲン」といい、簡単な検査で特定することが可能です。症状でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

眼鏡・コンタクトレンズ処方

当院では、眼鏡・コンタクトレンズの処方を行っています。目の健康を守るためにも、眼科を受診の上、眼鏡・コンタクトレンズを作られることをおすすめします。

外来手術

緑内障のレーザー治療

緑内障では、点眼治療による治療が基本となりますが、十分な効果が得られない場合などには、「レーザー虹彩切開術(LI)」「選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)」などのレーザー治療を検討します。

レーザー光凝固術

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性など、眼底の疾患に対して行われるレーザー治療です。

抗VEGF療法(抗血管新生薬療法)

注射により、新生血管の成長を抑制する治療です。加齢黄斑変性症などが対象となります。

日帰り手術

白内障手術

日帰りで白内障手術が受けられます。安心して手術を受けて頂くために、万全の体制を整えております。

硝子体手術

日帰りで硝子体手術が受けられます。網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病網膜症、黄斑前膜(黄斑上膜)、黄斑円孔、網膜剥離、硝子体出血などが対象となります。

小児眼科

乳幼児期から小児期までの様々なお悩みにお応えします

子ども当院の小児眼科では、乳幼児期から小児期にかけて、お子様の健全な視力の発達のサポートや、様々な病気に対する診断・治療を行っています。小さなお子様の目の異常・病気で大切なのは、早期発見・早期治療です。早くから治療を開始することで、改善できる可能性が高くなります。

また、乳幼児期から小児期までの時期で多くみられるのが斜視・弱視などの屈折異常です。小さなお子様は、ご自身で見え方の異常を上手く伝えられない場合があります。なので、保護者の方がよく見てあげて、気になることがありましたら、お早目にご相談下さい。

そのほか、眼鏡・コンタクトレンズの処方も行っていますので、お気軽にご連絡下さい。