治療の流れ(日帰り手術)

日帰り手術を実施

日本眼科学会専門医が手術を担当します

診察枚方市の南眼科香ヶ丘中央クリニックでは、白内障手術、硝子体手術が日帰りで受けられます。日本眼科学会専門医で、手術症例数多数の経験豊富な院長が手術を担当しますので、安心してお任せ下さい。

近年、治療技術や手術機器の向上により、低侵襲での治療が可能となり、従来であれば入院が必要だったような症例に対しても、日帰りで治療できるようになりました。お体への負担が少ないので、良好な予後が得られやすく、手術によっては翌日から日常生活に復帰できる場合があります。

日帰り手術であれば、お仕事がお忙しい方や、小さなお子様がいらっしゃる方でも、気軽に受けて頂けます。また、手術後、慣れたご自宅でリラックスして療養できることは、患者様にとって大きなメリットとなります。最新設備を導入して、安心・安全に手術を行いますので、お気軽に当院までご相談下さい。

日帰り手術のメリット

費用が抑えられる

日帰り手術の場合、入院費用が必要ありませんので、治療にかかる費用を抑えることができます。

ご自宅で療養できる

日帰り手術であれば、慣れたご自宅でリラックスして療養することができます。これは、患者様のお気持ちにとって大きなメリットとなるかと思います。

安全性に問題はない

当院では、日本眼科学会専門医で、手術症例数多数の経験豊富な院長が手術を担当します。レベルの高い技術と、適切な管理により、安心・安全な手術をご提供します。

入院準備の必要がない

日帰りで手術が受けられますので、入院準備の必要はありません。長期間、お仕事を休んだり、小さなお子様の世話を、誰かに任せたりせずに済むので、どなたでも気軽に受けて頂くことができます。

日帰り手術が受けられるケース

患者様の状況や、お体の状態などによっては、日帰り手術が受けられないケースがあります。病状が重く、入院による手術を必要とする方には、適切な専門機関をご紹介します。

次の条件を満たす場合、日帰り手術が受けられます

  • 当院の日帰り手術の方針をご理解頂き、患者様ご自身が希望されている
  • 日帰り手術が適応と診断された
  • 心筋梗塞、腎不全など、重篤な合併症がない
  • 手術翌日や、それ以後の定期的な診察の受診が可能
  • 通院可能な場所にお住まいで、何かあった時、すぐにご来院可能
  • 手術後、お体の管理を適切に行うことができる

術前検査の流れ

検査前の注意事項

ご自身の運転によるお車・バイクでのご来院はお控え下さい

眼底検査の点眼により、検査後4~5時間程度、光を眩しく感じるようになります。お車・バイクの運転は危険ですので、公共機関をご利用になるか、付き添いの方に運転してもらってご来院頂くようお願いします。

 検査前日の飲酒はお控え下さい

眼圧に影響がおよびますので、検査前日の飲酒はお控え下さい。早めの就寝を心がけて、検査に臨むようにしましょう。

コンタクトの装用を中止して頂く場合があります

コンタクトの装用により、角膜が影響を受けている場合がありますので、元の状態に戻すために、検査前に一定期間、装用を中止して頂く場合があります。

検査の流れ

Step1ご来院

健康保険証をご持参の上、当院へご来院下さい。問診票をお渡ししますので、現在の症状や、眼鏡・コンタクトレンズの使用の有無、使用期間、既往歴、現在服用中のお薬など、必要事項をご記入下さい。

あわせて、検査前の説明書もお渡しますので、検査の時間まで、ゆっくりとご確認下さい。

Step2検査

日帰り手術が適応かどうか、必要な検査を行って診査・診断します。一般眼科検査のほか、視能訓練士による目の術前検査などを行います。

Step3診断・ご説明

検査結果をもとに、手術を担当する日本眼科学会専門医である院長が、正確に診断します。手術の方針について、詳しくご説明しますので、わからないことや、不安なことなどがあれば、何でも気兼ねなくご質問下さい。

急を要する場合を除いて、慌てて手術を受けるかどうか決める必要はありませんので、ゆっくりとご検討下さい。

Step4手術日決定

日帰り手術が適応であると診断し、患者様ご自身が希望される場合には、手術日をご相談させて頂きます。内科などを受診中の方には、かかりつけ医の先生にもご確認頂くようにしています。また、現在、他科を受診されていない方も、事前に内科でレントゲン検査、心電図検査、血液検査などを受けて頂きます。

Step5手術・術前の注意点のご説明

日帰り手術専用のパンフレットをお渡しして、それをもとに院長やスタッフが、手術内容を詳しくご説明します。あわせて、手術前後の注意点、術後の見え方、費用などについてお話しさせて頂きます。ご不明点がありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

日帰り手術の流れ

手術前の注意事項

お渡ししたお薬をきちんと使用して下さい

手術前にお薬をお渡ししますので、ご説明を受けた通り、きちんと使用するようにして下さい。他科から処方されたお薬も、基本的にはそのままご使用頂けますので、ご自身の判断で中止・変更したりしないようにして下さい。

ご自身の運転によるお車・バイクでのご帰宅はお控え下さい

手術後、ご自身の運転によるお車・バイクでのご帰宅はできませんので、公共機関をご利用になるか、付き添いの方に運転してもらってご来院頂くようお願いします。

手術の流れ

Step1ご来院

ご来院されたら、まずは受付をお済ませ下さい。血圧測定を行うなど、当日の体調を確認します。

Step2前処置

瞳孔を十分開くために、散瞳剤を点眼します。その後、手術着にお着替え頂いて、手術室に移動します。

Step3点眼麻酔・消毒

点眼麻酔を実施した後、洗眼、目のまわりの消毒を行います。

Step4手術

日帰り手術を実施します。患者様によっても異なりますが、手術時間の目安は、白内障手術で10分程度、硝子体手術で30~60分程度です。

Step5リカバリー

手術が終わりましたら、リカバリールームに移動して、安静にして頂きます。手術内容によって、リカバリーの時間は異なります。

Step6ご帰宅

点眼薬や、保護用眼鏡(眼鏡をお持ちでない方)をお渡しします。その後、ご帰宅頂けます。

手術当日の注意事項

※手術内容により、手術当日の注意事項は異なります。医師の指示をきちんと守るようにして下さい

お渡ししたお薬をきちんと使用して下さい

お渡ししたお薬を、医師の指示通り、きちんと使用するようにして下さい。

基本的に洗顔、洗髪、入浴は禁止です

手術当日は、基本的に洗顔、洗髪、入浴は禁止です。ただし、手術内容によっては、肩から下だけのシャワーであれば可能です。

どうしてもお顔を洗いたい場合には、目のまわりは避けて、湿らせたタオルで軽く拭く程度にとどめるようにして下さい。

メイク・飲酒は禁止です

手術当日のメイク、飲酒は禁止です。医師の指示をきちんと守るようにして下さい。

手術後の診察

1手術当日

手術当日は、安静にして、目を休めるようにして下さい。手術後、目に違和感を覚えたり、光が眩しく感じられたりすることがありますが、過度にご心配になる必要はありません。

手術を受けられた方には、緊急連絡先をお渡ししますので、症状が強い方は、すぐに当院までご連絡下さい。

2 手術翌日

手術翌日、必ず診察を受けて頂きます。手術後の定期的な診察では、視力検査などの診察を行って、術後の経過を確認します。

3 1週間後

手術から1週間後、再度診察を受けて頂きます。この時、問題がなければ、アイメイク、軽い運動、サウナや温泉などの共同浴場の利用が可能となります。

手術内容にかかわらず、目の状態が安定するまでに、ある程度の時間がかかります。目に負担をかけないように注意しましょう。

41ヶ月後

患者様によっても異なりますが、手術から1ヶ月経った頃から、見え方が安定してきます。この時期から、手術前と同じように生活して頂けるようになります。

ただし激しいスポーツなどは注意が必要ですので、医師に相談して許可を得るようにして下さい。

53ヶ月後

手術から3ヶ月後は、見え方の安定のために大切な時期となります。ご自身で支障を感じていなくても、必ず受診するようにして下さい。

66ヶ月後

良好な予後を維持するためにも、きちんと受診するようにして下さい。

71年後

手術から1年後の検診を受診した後も、毎年1回、定期的に受診されることをおすすめします。