眼鏡・コンタクトレンズ処方

眼鏡・コンタクトレンズの処方

眼科を受診して眼鏡・コンタクトレンズを作りましょう

眼鏡枚方市の南眼科香ヶ丘中央クリニックでは、眼鏡・コンタクトレンズの処方を行っています。目の健康を守るためにも、眼科を受診の上、眼鏡・コンタクトレンズを作られることをおすすめします。

大切な目の健康を守るために

眼鏡やコンタクトレンズは、視力を矯正するために装用します。そのため、ご自身の視力に最適なものを作ることが大切です。特にコンタクトレンズは、目に直接装用しますので、目の大きさ、角膜の状態、涙の分泌量や質に応じて、適切な種類を選ぶようにしなければいけません。

当院では、皆様の生活を快適なものにするために、そして大切な目の健康を守るために、適切な検査により最適な眼鏡・コンタクトレンズを処方させて頂きます。

眼鏡・コンタクトレンズの処方の流れ

眼鏡の処方の流れ

Step1検査

他覚的屈折検査により、近視、遠視、乱視などの屈折度数を測定します。
また、眼の状態に応じて角膜細胞検査や涙液分泌量検査などを行ないます。

Step2度数決定

眼の状態、患者様の生活状況や、ご利用目的などに応じて、最適な度数を決定します。

Step3装用テスト

決定した度数の眼鏡を装用して頂き、見え方を確認します。

コンタクトレンズの処方の流れ

Step1検査

他覚的屈折検査により、近視、遠視、乱視などの屈折度数を測定します。

Step2レンズの種類・度数決定

患者様の生活状況や、ご利用目的などに応じて、レンズの種類や度数を決定します。

Step3装用テスト

決定した種類・度数のコンタクトレンズを装用して頂き、装着感や見え方を確認します。コンタクトレンズを初めてお使いになる方には、付け外しの練習を行います。

コンタクトレンズを安全にご使用頂くために

用法をきちんと守りましょう

レンズの種類により、装着時間は決まっていますので、長時間の装用はお控え下さい。用法をきちんと守って使用するようにしましょう。

正しくケアしましょう

目の健康を守るためにも、コンタクトレンズは正しくケアするようにしましょう。

定期的に検査を受けましょう

コンタクトレンズに付着した汚れや、誤った用法・ケア方法により、「眼瞼下垂」「結膜炎」「角膜上皮障害」「角膜浸潤・潰瘍」「角膜浮腫」「角膜血管新生」などの病気を引き起こす場合があります。常に清潔な状態を保ち、用法を守り、正しくケアするとともに、眼科で定期的に検査を受けて目の健康状態をチェックするようにしましょう。

はじめてのコンタクトレンズ処方ご希望の患者様へお願い

コンタクトレンズ処方のためには、様々な検査や装用テストのみならず、正しく取り扱う為の付け外しの練習なども行なう為、多くの時間がかかります。受付終了時間の少なくとも1時間以上前には受信いただきますようお願い致します。