結膜炎・角膜炎・翼状片

結膜炎

結膜炎とは?

結膜炎とは、様々な原因により結膜で起こる炎症の総称です。大きく「感染性」と「非感染性」に分けられ、感染性には代表的なものに「ウイルス性結膜炎」「細菌性結膜炎」「クラミジア性結膜炎」があり、非感染性には「アレルギー性結膜炎」があります。ウイルス性結膜炎は、さらに「流行性角結膜炎(はやり目)」「咽頭結膜熱(プール熱)」代表的なものに「急性出血性結膜炎」に分類されます。

結膜炎の原因

結膜炎の原因として、細菌やウイルスの感染、花粉などのアレルゲン、さらに埃やゴミ、目をこするなどの刺激といったものが挙げられます。特に多いのが、ウイルス感染による結膜炎(アレルギー性結膜炎)です。

結膜炎の治療

ウイルス感染によって発症している場合、十分な休息によりウイルスへの抵抗力をつけるとともに、点眼薬を使用して、他のウイルスや細菌の感染を予防します。細菌感染によって発症している場合には、抗生剤点眼治療が中心となります。アレルギーが原因の場合には、抗アレルギー点眼薬を処方します。

角膜炎

角膜炎とは?

角膜炎とは、角膜(黒目部分)が何らかの要因により、炎症を起こした状態をいいます。ウイルスや細菌の感染が主な原因です。そのほか、コンタクトレンズの装用や、目を強くこすることで傷ができたり、ドライアイのため角膜に微生物が付着・繁殖したりした場合などにも起こります。

目の違和感、涙が出るなどの不快な症状のほか、目の痛み、充血、目やにが出るなどの症状が現れます。

角膜炎の治療

多くの場合、点眼治療で改善することが可能です。しかし、重症化すると失明する恐れがありますので、お早めに当院までご連絡下さい。

翼状片

翼状片とは?

翼状片とは、結膜組織が角膜に向かって侵入してくる病気です。主に、鼻側から侵入してくるケーシが多いのですが、重度の場合、鼻側・耳側の両方から侵入してくることもあります。目の充血、異物感、視力低下などの症状が現れる場合があります。

翼状片の原因

翼状片は、中高年の方に多くみられる病気です。主な原因として、紫外線や埃などの慢性刺激が挙げられます。また、コンタクトレンズの長期装用による目への負担や、ドライアイなども原因として考えられています。

翼状片の治療

翼状片は基本的に良性の病気で、初期は症状がなければ放置しても大丈夫ですが、進行すると視力障害をきたし、治療しても視力障害を残すこともあります。根本的な治療は手術になります。